電子マネーに強みのリクルートカードのメリット・デメリット解説

リクルートカードのメリット


リクルートカードは、リクルートグループがプロデュースしているクレジットカードです。

普段の利用でも1.2%と高還元率を実現。更にnanaco、楽天Edy等の電子マネーへのチャージでも1.2%もポイント付与されるカードはリクルートカードだけです!

リクルートカードの公式サイトはこちら

ポイント還元率が常に1.2%以上

いつどこで使っても、ショッピング100円につき1.2リクルートポイントが貯まり、ポイント還元率は1.2%になります。
またポイントは、毎月の利用額合計の1.2%分が付与されます。利用1回毎に1.2%未満の端数が切り捨てられる事はありません。

電子マネーチャージでポイント付与を活用

リクルートカードは、電子マネーのチャージによって1.2%のポイントを獲得できます。またチャージによって、1.2%もポイン付与されるには、リクルートカードだけです!

チャージでもポイン付与されるサービスを活用して、ポイントを増量方法させる裏技があるので、その方法をご紹介します!

ポイント付与の対象

  • Visa/Mastercard:nanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA
  • JCB:nanaco、モバイルSuica

チャージの上限

チャージ利用分は、合計で月30,000円までがポイント付与の対象となります。30,000円以上超えるチャージ分はポイント付与されませんので、計画的にチャージしましょう。

どうしても1ヶ月30,000円以上のチャージが必要な方は、JCB+VISA o rMastercardの2枚持ちが可能ですので、検討してみてください。

裏技1:税金をnanacoで支払う

本来なら、税金はクレジット払いはできず、現金で支払うしかありません。

しかしバーコードの付いた税金・公共料金の請求書は、セブンイレブンにてnanacoで支払う事ができます。

つまりリクルートカードでnanacoにチャージして、nanacoで税金や公共料金を支払えば、「クレジットカードのポイント」が貯まるという事です。

税金を電子マネーnanacoで支払って、ポイントを稼ぐ節約術

電子マネーチャージでポイント付与されるカードは数少ないです。その中でも、1.2%もチャージポイント付与されるカードはリクルートカードだけです!

裏技2:JCBはQUICPayで還元率1.7%

JCBカードは、JCBのマイページから申し込むことで、nanacoカードにQUICPay機能を持たせることができます。

nanacoカードに搭載されているQUICPayでセブン-イレブンにてお買い物すると、200円ごとに1ポイントが貯まります。更にQUICPayに登録したクレジットカードのポイントも貯まります。

つまり、リクルートカードの1.2%+nanacoカード0.5%=合計還元率1.7%のポイントを貯める事ができます!

裏技3:Amazonで最大3.2%還元

Amazonで定期的に購入する方必見です。

「Amazonギフト券(チャージタイプ)」をコンビニエンスストア・ATM・ネットバンキングのいずれかで購入すると、購入額によって最大2.0%分のAmazonポイントを獲得できます。「Amazonギフト券」の有効期限は10年間です。

1回あたりのチャージ金額ポイント付与率
5000円未満0%
5000~1万9999円0.5%
2万~3万9999円1.0%
4万~8万9999円1.5%
9万円以上2.0%

セブンイレブンで、リクルートカードでチャージしたnanacoで決済すると、nanacoチャージ時に得られた1.2%のリクルートポイントの分もお得になります。

最大2%のAmazonポイントと1.2%のリクルートポイントをなんと二重取りできます!

SMART ICOCAで1.2%還元

SMART ICOCAは、JR西日本の交通系電子マネーです。現金なしでチャージ(入金)ができ、さらに列車での利用に応じて「J-WESTポイント」が貯まります。

リクルートカードでは、「SMART ICOCA」へのチャージで1.2%のポイントが貯まります。(Visa/Mastercardのみ)

注意
SMART ICOCAは、インターネットやスマホでチャージできる仕組みもなく、オートチャージ機能もありません。

クレジットカードでのクイックチャージは、JR西日本エリアの駅に設置されているクイックチャージ機を使う必要があります。クイックチャージの入金限度額は1日20,000円まで、1か月40,000円までとなります。

SMART ICOCAにクレジットカードチャージするによって、チャージポイントが貯まります。

また利用に応じて「J-WESTポイント」も貯まります。たまったJ-WESTポイントは、SMART ICOCAへのチャージ(入金)など、JR西日本ならではの商品やJR西日本グループ会社の商品券に交換できます。

是非関西圏に住んでいる方は、『SMART ICOCA』を活用をして、ザクザクポイントを貯めましょう!

Apple Payに対応

電子マネー「QUICPay」の加盟店でApple Payが利用可能で、ポイントもたまります。

ポイントの使い道

リクルート系サービスで利用

じゃらん、ポンパレモール、HOTPEPPER Beautyなど、リクルートのネットサービスにポイント利用する事ができます。またHOTPEPPER Beauty、ポンパレモールからはお得な割引クーポンが届く事もあります。

 

特にポンパレモールでのサービス利用がお得です。ポンパレモールとは、リクルートのオンライン通販サイトで、買い物が楽しめます。リクルートカード決済しなくても、常に全品3%還元です。

ポンパレモールでは、毎月定期的にポイント増量のイベントが開催されてます。

開催に合わせてお得なクーポンも配布されるので、イベント時に必要な商品をGETして・ポイントも大量にGETと嬉しさ2倍です!

リクルートポイントからPontaポイントへ

リクルートポイントをPontaポイントに交換でき、全国のPonta提携店舗やオンラインサービスで利用できます。

 

Pontaポイントの最強利用方法があります。興味がある方は、お読みください。

ローソンのLoppiお試し引換券で、お酒・お菓子などの嗜好品をお得にGETする節約術

Pontaポイントからdポイントへ

またPontaポイントから、NTTドコモの共通ポイント「dポイント」と相互交換・利用可能です。

PontaポイントからJALマイルへ

Pontaポイント2ポイント→JALマイル1マイルで交換できます。Pontaポイントから細かい単位で交換できるのは、他ではありません。

年会費無料

クレジットカード

年会費は初年度からずっと無料で、はじめてカードを持つ方や、年会費が気になる方向けのカードです。

ETCカード(条件つき無料)

ETCカードも発行できます。ETCカードの利用で、高速道路の通行料金でもポイントが貯まります。還元率も1.2%です。

リクルートカードでETCカードを入手するためには、JCB・Visa/MastercardどのブランドでもOKです。

ただし「発行手数料」の部分で大きな違いがあります!

カード名称新規発行手数料
Visa/Mastercard1000円(税別)
JCB無料

ETCカードを無料でGETしたい方には、JCB一択となります。

家族カード

家族カードも年会費無料発行できます。本会員と生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方がお申込み可能です。(JCB8枚、Visa19枚)

家族カードのメリットは、特に本会員と同様に家族会員も同じサービスを受けられるです。

  • ご家族のご利用でもポイントがたまる
  • お支払い口座をひとつにまとめて管理
  • 本会員と同様のサービスを受けられる

充実の付帯保険

リクルートカードには充実した付帯保険が付いてます。

またこの付帯保険は、家族カードの方も同様に受けられます!

旅行傷害保険

旅行傷害保険とは、旅行中の事故、病気やケガの治療、携行品の破損などの損害を幅広く補償する保険です。ご旅行、ご出張の際にも安心ですね!

国内・海外旅行ともに利用付帯が条件です。下記が利用付帯の条件となります。

  • 海外旅行→リクルートカードで事日本出国前に、「搭乗する公共交通乗用具」または「参加する募集型企画旅行」の料金をを支払した場合に適用。
  • 国内旅行→リクルートカードで事前に、国内旅行に関する所定の料金(ホテル・航空券等)の支払いをした場合に適用。

ショッピング保険

ショッピング保険とは、カードで購入した品物の破損・盗難・火災などの偶然の事故により損害を被った場合に補償する保険です。

国内はもちろん、海外でも、リクルートカードにて購入した品物であれば、購入日より90日間補償してくれます。

  • 保険年間補償限度額(自己負担額:1事故につき3,000円):200万円
  • 日本国内で購入した商品は、支払方法を購入時に分割払い・リボ払いで指定した場合対象となります。
  • 海外で購入した商品は、支払方法を問わず対象となります

ショッピング保険は良い事だらけに感じますが、いまいち使い勝手が悪いです。
日本での買い物は分割払い、リボ払いした場合が対象。また補償対象外商品が多数あります。

補償対象外商品
・船舶・航空機・自動車・原動機付自転車・自転車等の乗り物およびこれらの付属品
・義歯、義肢、コンタクトレンズ、メガネ等
・動物および植物
・現金、手形、小切手、その他有価証券、印紙、切手、乗車券等チケット類
・稿本、設計書、図案、帳簿その他これらに準ずるもの
・食料品(酒類含む)
・携帯電話・スマートフォン・ノートパソコン等電子機器類
・絵画・美術品・骨董品

とは言っても、海外旅行では威力を発揮します!保険申請時にはクレジットカードの利用控え(売上票)が必要なので、海外旅行時には利用控えの保管を忘れない様にしましょう!

紛失・盗難保障

クレジットカードを落としたり、もしくは盗まれたりなどして、運悪く第三者に不正に利用された場合に、その損失分を全額補償してくれるという心強い保険です。

リクルートカードのデメリット

ポイントの使い道

リクルートやPonta系列のお店を使わないなら、ポイントの使い道が少ないのが、唯一のデメリットと言えます。

しかしPontaポイントに交換すれば、ローソンなどの実店舗で利用できたり、dポイント・JALマイルに交換できるので、ポイント利用の幅は広がります。

ポイント有効期限もPontaポイントなら、ポイント利用・獲得から1年有効なので、実質有効期限なし。交換する手間以外デメリットなしと考えていいと思います。

リクルートカードおすすめの使い方

みいりん

電子マネーのチャージ専用カードとして絶大なメリットを発揮します。

普段の利用でも常に1.2%と高還元で、無料カードではありえない位の付帯保険の充実度がすばらしいです。サブではなく、メイン使いの候補としても検討をしてください!

リクルートカードの公式サイトはこちら