税金を電子マネーnanacoで支払って、ポイントを稼ぐ節約術

固定資産税、自動車税、不動産取得税、国民年金、国民健康保険、所得税・住民税などの請求書には、バーコードがあります。

バーコード付請求書はセブンイレブンにて、電子マネーのnanaco(ナナコ)を使って税金や公共料金を支払うことができます。

何故これが節約になるかというと、通常なら現金で支払ってもポイントはゼロ。また直接クレジットカード払いは出来ない。

そこで、クレジットカードからnanacoにチャージすると「クレジットカードのポイント」がつくカードがあります。

nanacoで税金や公共料金を支払えば、「クレジットカードのポイント」が貯まるという事です。

ポイントが貯まるクレジットカード

ポイントが貯まるクレジットカードですが、ずばりリクルートカードです。

リクルートカードは、電子マネーのチャージによって1.2%のリクルートポイントを獲得できます。

詳しくは、リクルートカードのメリット・デメリットをお読みください。
電子マネーに強みのリクルートカードのメリット・デメリット解説

ポイント付与の対象

  • Visa/Mastercard:nanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA
  • JCB:nanaco、モバイルSuica

チャージの上限

チャージ利用分は、合計で月30,000円までがポイント付与の対象となります。30,000円以上超えるチャージ分はポイント付与されませんので、計画的にチャージしましょう。

どうしても1ヶ月30,000円以上のチャージが必要な方は、JCB+VISA o rMastercardの2枚持ちが可能ですので、検討してみてください。

リクルートポイントの使い道

リクルート系サービスで利用

じゃらん、ポンパレモール、HOTPEPPER Beautyなど、リクルートのネットサービスにポイント利用する事ができます。

リクルートポイントからPontaポイントへ

Pontaポイントカードを発行(無料)して、Pontaポイントに交換後ローソン・ケンタッキーフライドチキン・ゲオ等の実店舗で利用可能です。

Pontaポイントの最強消費方法があります。興味がある方は、こちらをお読みください。
ローソンのLoppiお試し引換券で、お酒・お菓子などの嗜好品をお得にGETする節約術

ポイント獲得ステップ

STEP1:nanacoをゲットしよう!

nanacoには、下記2点あります
・カードタイプの「nanacoカード」→発行手数料300円
・おサイフケータイで使える「nanacoモバイル」→無料

nanacoカードはセブンイレブン・イトーヨーカドー等で発行できます。発行手数料300円(税込)がかかります。

下記を活用して手数料かからない様、nanacoをゲットしましょう

  • 8のつく日にイトーヨーカドーで作る
  • セブンイレブンでのキャンペーンを狙う
  • nanacoモバイルをダウンロードする

STEP2:ポイントが貯まるクレジットカードをゲットしよう!

リクルートカード 還元率1.2%、Yahoo! JAPANカード 還元率0.5%が、無料発行できるのでおすすめです。

STEP3:クレジットカードの事前登録をしよう!

クレジットカードとnanacoをひも付けするために、事前に「クレジットカードの登録」が必要です。

全てのSTEPを終えたら、nanacoにチャージして、税金を電子マネーnanacoにて支払チャレンジしてください!

早速自動車税をnanacoで支払おう!

自動車税とは、「自動車」を所有している人が負担する税金です。

毎年4月1日午前0時時点の自動車の所有者、または使用者に対して都道府県が課税をします。

4月時点の所有者(使用者)を対象とするため、自動車税の納付書は、その翌月の5月上旬に送られてきます。自動車税の納期限はその年の5月31日です。

我が家では、2台車所有。必ず支払うべき物なので、セブンイレブンでnanacoを使って支払ってきました。

リクルートカードでチャージしたnanacoを持って、セブンイレブンの方に自動車税納税通知書を渡して『支払はnanacoでお願いします!』と。一瞬で納付完了しました。

合計46,700円の支払をしましたので、リクルートカードチャージのおかげで560ポイント獲得です!