宮崎県都城市平成30年11月1日お礼品の見直し

都城市は、宮崎県宮崎市と鹿児島県霧島市の境に位置しており、農業や農産加工業が盛んな町です。

牛、豚、鶏、焼酎、定期便など、お得にふるさと納税できる自治体の一つです。

そんな宮崎県都城市でも、平成30年11月1日にお礼品見直しを行なうことになりました。

総務省通知に基づいて、現時点のお得なお礼品をもらうことが出来るのが、10月31日までの寄付が最後となります。

前回もお礼品見直しを行なった時も商品量の減少・寄付額の増額とコストパフォーマン的には悪い方向への見直しとなりました。

見直しから日を追う毎に、商品量の増量・寄付額の減少と私達寄付側には嬉しい方向へと一時期向かいました。

返礼品割合だけでも3割を超えている自治体は1,156あったそうですが、政府の働きかけにより平成30年9月11日時点では246自治体に減ったそうです。

それを踏まえると、宮崎県都城市でも今回の平成30年11月1日の見直しによって、おそらく返礼割合3割以下に抑えたお礼品になる可能性が高くなります。

今後一層、『返礼割合3割以下』、『地元産品以外は送らない』と総務省通知に基づいて運営する自治体が増えると予想されます。

確かにお礼品のみで寄付をアピールするのは、ふるさと納税本来の趣旨とは違うものですし、まじめに返礼割合3割以下を実践してる自治体に寄付金が集まらないのも不条理です。

とは言っても寄付する側としては、お礼品はとても魅力的な付加価値ですよね。

宮崎県都城市のお礼品はコストパフォーマンが高いは勿論のこと、品質的にもハズレがない貴重な自治体ですので、お得に寄付できる10月31日までに是非行動をおこしましょう。

ふるさとチョイス、楽天ふるさと納税を見ると、お得だなと思うお礼品は既に品切れになってる状態です。

あ~残念と諦めるのは、まだ早いです。

都城市自ら運営してる『都城市ふるさと納税特設サイト』を確認してください。

参考 ページタイトル都城市ふるさと納税特設サイト

既に品切れになっているお礼品が限定数ですが、まだまだ残っています。

発送期日も12月お届け、1月お届け、2月お届けと選べる商品もあります。

私もこちらのサイトで、10,000円寄付で『2月お届け 都城産宮崎牛(A5)&都城産馬刺し』を無事GETできました。

都城産宮崎牛のA5ランクのロースの部位を使用したスライス500gと、都城産馬刺しの赤身ブロック150gのセットです。

このお礼品を見た瞬間欲しい!と。

しかし楽天ふるさと納税・ふるさとチョイスで品切れになってました・・・・。

諦め切れずネット検索してたら、こちらのサイトに辿り着くことができ、見事欲求を満足させることができました!

これから都城市に寄付を検討されてる方は、楽天ふるさと納税・ふるさとチョイス、さとふるで確認して、品切れならば、是非都城市ふるさと納税特設サイトを確認して、お目当てのお礼品をGETしてください。

会員登録も簡単です。

今なら新規会員登録するだけで、抽選で290名に都城産宮崎牛ロースステーキ(180g×2枚)をプレゼントしてくれるキャンペーンを10月31日まで行なっています。

会員登録するだけで、キャンペーンへのご応募は完了です。

これを機会に会員登録してみてはいかがでしょうか!

 

目的のお礼品が楽天ふるさと納税にあるなら、絶対楽天ふるさと納税で寄付するのが一番お得です。

ポイントサイトを経由して、楽天ふるさと納税を行なえば、ポイントサイトのポイントと楽天ポイントの2重取りが実現できます。

繰り返しになりますが、宮崎県都城市において11月1日以降は、現状より返礼割合は確実に減少と予想されます。

サイト確認して欲しいと思ったら、即実行に移してお得なお礼品を獲得してくださいね!