増税2%分を取り返す救世主キャッシュレス決済の攻略法

2019年10月予定で、とうとう消費税が10%へ引き上げられます。

食品は買え控えできないので、増税は家計に直撃するので、頭が痛いですね。

そんな中、政府は2019年10月の10%増税時に、クレジットカードなどを使って中小規模の店舗で買い物をした顧客に2%の値上げ分をポイントで還元する対策を検討していることが10月4日に分かりました。

事業者が増税分を価格に転嫁しやすくするとともに、現金払いが中心の中小店舗にキャッシュレス決済の普及を促すのが狙いだそうです。

ポイント還元は一定期間に限って実施する臨時措置ですが、必要な端末の配備やポイント還元の費用を公費で補助する方向です。

政府は6月に決定した経済財政運営の指針で『ポイント制・キャッシュレス決済』の普及を挙げていているので、増税を機会にキャッシュレス決済を加速度的に推進させようとする政府の思惑が見られます。

現金主義の方。もう現金払いは時代遅れです。

増税もありますし、現金払いを続けるだけではお金が出ていく一方です。

これを境に現金派の方は、キャッシュレス化に挑戦しましょう。

キャッシュレス決済とは

キャッシュレス決済とは、現金を使用しないで支払いをする決済方法です。

代表的なクレジットカード決済から、導入が始まったQR決済など、次々に新しいサービスが登場しています。

世界的にはキャッシュレス決済は主流の決済方法です。先進国でキャッシュレス決済の普及率が低いのは日本ぐらいです。民間消費のたった20%しか普及してません。

日本では、現金をわざわざ取り出して支払いする習慣が深く根付いており、またキャッシュレス決済を導入していない中小店舗も多い現状があります。

国民生活の利便性向上と2020年にはオリンピックもあります。海外からの旅行客が簡単に買い物やサービスの決済ができるように、キャッシュレス化を政府主導で行なおうとしてます。

メリットとデメリット

キャッシュレス決済には、便利になるメリットばかりではなく、場合によってはデメリットを感じることもあります。

私はメリットのほうが勝って、キャッシュレス決済を普段の生活に取り込んでいます。

メリット

支払い金額に応じてポイントが貯まる

キャッシュレス決済の最大のメリットは、支払い金額に応じてポイントが貯まります。

貯めたポイントをしっかりと使えば、現金払いするよりも断然にお得です。

例えば
現金で10万円分購入→ポイント獲得ゼロ
1%還元カードで10万円分購入→獲得ポイント1,000円獲得

貯めたポイントは、次の請求からポイント分差し引いたり、電子マネー・商品券に交換することができます。

つまりキャッシュレス決済利用すれば、ポイントの分だけ「現金より割安で買い物」ができることになります。

増税した分は少しでもポイント還元で取り返すことを心がけ、実行しましょう!

利用明細により家計簿代わりになり節約

ひとつひとつ買った領収書を見て、家計簿つけるのは大変手間で、面倒くさいのでなかなか家計簿つけませんよね。

しかしキャッシュレス決済の代表のクレジットカード払いをすれば利用した日時、店舗名、金額が記載された利用明細がカード会社から毎月発行されますので、支出管理が楽になります。

わざわざ家計簿をつけなくても、利用明細によって大体のお金の流れを把握できる様になります。支出の管理をして無駄遣いをなくす効果となり、節約につながります。

多額の現金を持ち歩かなくてすむ

多額の現金を持ち歩くことは、なるべく避けたいですよね。

特に海外旅行時では、紛失・盗難の恐れがあって心配です。クレジットカードであれば紛失・盗難された場合、決済会社に連絡して利用停止ができます。不正利用時にはクレジット会社が保障もしてくれるので安心です。

また支払い時も小銭を探す手間もなく、キャッシュレス決済ではスマートに支払いを完結できます。

デメリット

必要以上に使い過ぎてしまう

キャッシュレス決済は手元のお金を一切使わないため、お金を使っているという感覚が鈍ります。気がつかないうちに、思った以上に使い過ぎてしまう可能性もあるので注意です。

不正利用の恐れ

紛失や盗難、クレジットカードではスキミングなどによる不正利用の恐れがあります。特に海外旅行後にスキミングされて不正利用される事例も多数あります。

クレジットカードには紛失・盗難保障が付いており、不自然なクレジットカード利用時にはカード会社より確認の連絡が入るのでそんなに神経質になる必要はありません。

しかし必ず利用明細は確認する、見えない所でクレジットカード処理される店には気をつけるなど、日ごろから自己防衛する習慣をつけましょう。

サービスに対応してない店舗では利用できない

キャッシュレス決済に対応してない店舗では、支払いができません。

地方、中小店舗など、これは政府に頑張って導入を進めてもらうしかありません。

キャッシュレス決済の種類

大きく4つの種類に分類できます。

クレジットカード

クレジットカードは後払いで、まとめて月毎に支払いを行います。

お買い物をクレジットカードですると、後日カード会社に利用代金を支払う仕組みです。

世界中どこでも利用できて旅行には必須アイテム。有名国際ブランドはVISA、Mastercardで、日本でのみJCBもよく保有されてます。

クレジットカード決済の最大メリットは、支払い金額に応じてポイントが貯まります。

年会費無料のカードでも、1%以上還元してくれるお得な高還元カードが多数存在します。【最新】保有してよかった実質1%以上の高還元クレジットカードBest7

またクレジットカードの多くには、付帯保険と呼ばれる保険がついています。クレジットカードに加入すれば自動的に、しかも無料で加入できる保険と考えてください。

旅行傷害保険やショッピング保険などが付帯しているため、国内や海外旅行時の事故やショッピングに関するトラブルなど、万が一に備えることができます。

提携店舗でカードを提示するだけで、レストランやカラオケ、遊園地など、バラエティ豊かな優待・割引がただ保有してるだけで受けられます。

反面クレジットカード発行には審査が必要です。また後払いが故に使いすぎてしまう恐れもあります。

電子マネー

電子マネーにチャージ(入金)して、その入金分だけ支払いできる、前払いの方法です。

交通系電子マネーのSuicaやPASMO。

流通系電子マネーの楽天Edy、イオンのWAON、セブン&アイのnanacoなどがあります。

電子マネーは主要なコンビニ等で使用できます。

チャージした分の支払いなので、使いすぎない反面、チャージする手間は発生します。

直接クレジットカード払いが出来ない税金関係は、nanacoを利用して、間接的にクレジットカード払いできる裏技もあります税金を電子マネーnanacoで支払って、ポイントを稼ぐ節約術

高還元クレジットカードの還元率には劣りますが、0.5~1%のポイント還元が得られます!

デビットカード

デビットカードは、前払いでも後払いでもありません。

デビットカードは、VISAやJCBなどの加盟店で商品を購入した時にすぐに口座からそのままお金が引き落としされる即時決済カードです。

クレジットカードであれば後払いになるので、すぐに支払ってしまいたい場合やクレジットカードは使いすぎが心配な方にはぴったりなカードです。

またクレジットカードと違って面倒な審査もなく、銀行口座があれば誰でも持てるカードです。(15歳以上が条件)

最近では、銀行のキャッシュカードにデビット機能を付けたカードを発行してる銀行があります。

高金利・手数料が優れている住信SBIネット銀行や、 GMOあおぞらネット銀行がおすすめです。ポイント還元率は0.6%です。

その他

Apple Pay(アップルペイ)とGoogle Pay(グーグルペイ)というスマホ決済サービスが台頭してます。

スマホにて電子マネーが使えるほかに、クレジットカードを登録しての決済もできます。

更に最新の流れは、アリペイやLINEペイのQRコード決済です。QRコードを読み取ったら、銀行口座に入金したお金を引き落とす即時決済方法です。

おすすめキャッシュレス決済

高還元1.25%REXCARD

REXCARDは、年会費無料の高還元クレジットカードで、還元率はなんと常に1.25%!「ポイントの貯まりやすさ」と「補償の充実」両方を兼ね備えたすばらしいカードです。

貯めたポイントは請求料金に充当できるので、無理なく消化可能です。我が家でもメインで使用中。

一般的なカードの還元率は0.5%といわれていますが、このREX CARDは1.25%と、2.5倍以上の還元率です!

毎日のお買い物や公共料金の支払い、旅行先での利用など、いつでもどこでもカードを使うたびにREX POINTがたまります。

年間50万円使えば6,250円の還元。年間100万円だと12,500円と金額が大きくなる程、リターンの大きさを実感できます。

常に1.25%の高還元率REX CARDのメリット・デメリット解説

REXカードの公式サイトはこちら
 

審査不要GMOあおぞらネット銀行デビットカード

借金するようでクレジットカードは・・・と思う方は、デビットカードがおすすめです。

審査不要でカード発行が可能なのも、メリットうれしいですね。

特にGMOあおぞらネット銀行のキャッシュカード一体のデビットカードは、利用金額の0.6%が還元されます。

他のデビットカードは0.5%還元が多い中、0.6%還元は頑張っています。

またカスタマーランク判定によっては、1.5%還元が目指せます。

上のバーナーから口座登録・カード発行できます

まとめ

遅くても増税前にはキャッシュレス決済をできる環境を整えて、キャッシュレス決済のポイント還元で増税分を取り返しましょう!